アジアンタム

アジアンタムの育て方や注意点

アジアンタムはシダ科の植物で、日本にも自生しますので見慣れている方もいると思います。

小さなイチョウのような葉が可愛らしいですね。比較的明るいところは好みますが、直射日光が苦手で葉焼けをすることがあります。

冬でも室温が5度以上あればいいでしょう。水やりは土が乾燥したら、たっぷり上げましょう。乾燥には弱いので、冷暖房の近くに置くのは良くありません。

葉がチリチリになって乾燥した状態が見えてきます。特に夏は水が蒸発しやすいので乾燥してしまいます。

こまめに水を上げたほうがいいこともありますね。ただし、1日に3回以上水やりをすると良くありません。

乾燥しすぎる場合は霧吹きで水を掛けるようにする方法もありますね。春から秋にかけて、葉が伸びやすくなります。

形が整わなくなってきたら、剪定をして調整するようにしましょう。茎にダメージがあるなら、根本からバッサリ切ったほうがいいこともありますね。

お部屋での効果

アジアンタムは、可憐なイメージがある観葉植物なので、女性にも好まれますね。

ただ、直射日光や乾燥に弱くて、見た目が悪くなることが多いです。主な原因としては水やりが足りないことですね。

シダ科の植物ですので、ジメッとした感じを好むものだと思って育てたほうが良いでしょう。

乾燥さえさせなければ、アジアンタムを枯らせて失敗することはないと思っても構わないですね。

環境が快適だと、順調に伸びます。逆に育たないときには、何か環境の中で適していないものがあると判断できますよ。

小さいタイプの鉢植えにしても、葉のボリュームがコントロールしやすいので、場所を選ばずに飾れると思っていいでしょう。

アジアンタム自体が湿気を求めますので、加湿効果は期待できないですね。そしてマイナスイオンの発生もないようです。

屋外での寒さにはあまり強くないので、室内で温かいところに置くと無難だと思います。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑