ベンジャミン

ベンジャミンの育て方や注意点

ベンジャミンは南国からの観葉植物なので、温かく日光のあるところを好みます。直射日光でも問題ありませんが、温度に関しては冬でも5度以上になるように気を付けましょう。

また風通しの良さも好みますので、時々は屋外に置いたりする必要もありますね。もちろん、室内置きで窓を開けると言う方法でも構いませんね。

冬に室内で育てますが、もし日当たりの良くないところにあったのなら、いきなり直射日光は避けた方が良いですね。

少しずつ明るさに鳴らしていくと言う過程を大事にします。ほとんどの方がベンジャミンを枯れさせてしまう原因として日光が足りないということです。

元々が熱帯の植物だと分かっていれば、どういう環境がなくてはいけないのかも分かりますので、観葉植物ではこのようなことも考えた方が良いですよ。

小さい葉しか持っていないので、光合成をするのに多くの日光を必要とするのです。

お部屋での効果

ベンジャミンの小さな葉から蒸発する水分量には加湿器のような効果は期待できませんし、マイナスイオンも発生させない観葉植物です。

室内でインテリアとして使って行けますが、風通しの良さを好むのがベンジャミンの特徴でもあります。

万が一、風通しの悪いままにしておくと、葉を初めとして触るとベタッとするようになりますね。

このようになったら、もうカイガラムシが付いているものと思って対処をすることになります。

冬は頻繁に風通しを良くすることが出来ないので、ある程度は仕方ないのですが、春から秋にかけては、風通しに注意をした方が、キレイなままで飾れるようになりますよ。

お部屋の温度が急激に変わるときには向いていないかもしれません。昼は温かいのに夜がとても寒いとなれば、ベンジャミンは葉を落とすことで自分を守ろうとします。

どんどん葉が落ちていくと見た目にも緑が感じられなくなりますので、一定の温度を保てる方が向いていると思いますよ。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑