エキナセア

エキナセアの育て方や注意点

エキナセアもハーブとして利用できます。しっかりとしたきれいな花を咲かせますので、室内の印象まで変わりますね。

羽のように見える花びらが、とてもキレイです。比較的日当たりの良いところを好みます。

日陰においたままでは花が咲きにくくなります。土を保つ水は好みませんので、水はけが良いようにしてあげましょう。

その上で、たっぷりと水を上げたほうがいいですね。水に触れたままの状態では根腐れの原因になりますので注意してください。

種をまくか、初心者のかたなら株分けされたものと購入したほうが扱いやすいでしょう。花が咲くため花言葉もあります。

「優しさ」という花言葉なので、女性へのギフトとしても最適でしょう。華が咲くのは6~8月頃になっています。

寒すぎない状態で冬を越せると、また次の年にも花が咲きますね。屋内なら根が凍るほどの寒さにはならないと思いますので問題ありませんよ。

使い道

エキナセアはハーブティーとして使用できます。花も茎や葉も使えますね。

ただし、エキナセアには3種類あって、そのうちのパープレアとパリダと言う種類なら、ハーブティーとしても8週間以上使ってはいけないことになっています。

薬効が高くてメディカルハーブとしても認められていますので、過剰に飲むのはオススメ出来ません。

またキク科なので、キクアレルギーの人は使用してはいけません。効果としては、アレルギーの緩和、風邪やインフルエンザの予防に期待が出来ます。

免疫力を上げてくれますので、炎症を起こしやすい人にもオススメですね。このような効果から女性の美肌にも適しているハーブとして利用できます。

ただし、白血病や膠原病、HIV汗腺など自己免疫の問題を持っている方ではエキナセアを使わないほうがいいと言われます。

ドイツで進んでいるハーブ医療でも用いられていて信頼度はかなり高くなっていますね。合わない人はゲリをしたり吐き気を感じることがあるので注意しましょう。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑