フィロデンドロン・レモンライム

フィロデンドロン・レモンライムの育て方や注意点

フィロデンドロン・レモンライムは高さが出ない割に大きめの葉が付いていて安定感のある観葉植物です。

葉の色によって名前が異なっていますので、似たような系統で揃えるのもオススメです。

半日陰でも問題のない観賞植物ですが、時々は日当たりの良いところに置いてあげましょう。

冬場でも室温は5~10度程度のところとして、水やりも土が乾燥してからたっぷり上げてください。

あまり寒いところを好みませんので温かいところで育てます。冬に温度の下がる部屋なら、カバーをかけたりダンボールをかぶせることで保温できます。

またフィロデンドロン・レモンライムは日差しが強すぎると葉焼けをしやすくなっていますので、カーテン越しの日光か、少し影の出来るところのほうが安心ですよ。

ただし全く日光が入らないと根が弱くなっていきますので、フィロデンドロン・レモンライムが傾き始めてしまいますから注意してください。

お部屋での効果

フィロデンドロン・レモンライムは葉が大きい観葉植物ですが、水分蒸発が活発ではないので加湿効果は期待するほどではないでしょう。

あまり多くなりませんが、フィロデンドロンにはツルが伸びるタイプもありますので、その場合にはツルの剪定などを必要とします。

レモンライムの葉色の他にフィロデンドロン・マドンナでは赤く色づいた葉を持っていたりしますので、同じ種類でもカラフルなインテリアとして揃えることが出来ます。

寒さに強い観葉植物ではありませんので、寒冷地には向かないこともありますよ。部屋の気温が最低でどのくらいまで下がるのかを確認してから購入するようにしましょう。

屋内で設置している分には害虫の心配もなく、女性でも抵抗なく置いておける観葉植物ですね。

増やそうと思った場合は、挿し木をしなくてはいけないので多少、面倒くさいと思います。そのままで鑑賞していたほうが手間はかからないでしょう。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑