ガジュマル

ガジュマルの育て方や注意点

ガジュマルも明るいところを好む観葉植物ですね。温度に関しては0度以上が必要になりますので、温度の管理は調整したほうがいいですね。

あまり水を必要としませんので、毎日、上げなくていいでしょう。多すぎると根腐れを起こす可能性が高くなります。

表面の土が乾燥しきったと確認してから水やりをしてください。大きめの観葉植物なので小さな鉢に植えてしまうと、根が密集しすぎます。

大きな鉢に植え替えるか、根を選定する必要が出てくるでしょう。一見、ベンジャミンと似ていますが、種類としては同じだと思って構わないでしょう。

葉を見ると違いが分かりますが、少し厚めでツヤツヤしています。ベンジャミンと比較すると生命力が強いのはガジュマルの方ですね。

「妖精の住む木」と言う呼び名もあるので、女性に贈るギフトに向いていますよ。小さな実がついて可愛らしいのも女性が好む観葉植物だと言えます。土でもハイドロカルチャーでも育てられますよ。

お部屋での効果

お部屋での効果としてはサンセベリアのようなマイナスイオンを出す効果はありません。

実が付いたりして変化が楽しい観葉植物でもありますので、1つは持っていてもいいですね。

また葉の表面では白い斑が出ることがありますが病気ではないので心配をしなくて構わないですよ。

床置きするタイプではなく、サイドテーブルや出窓に置いておくのに良いサイズなのではないでしょうか?

大きく成長した場合には、鉢のサイズも大きめのものにして、床置きで飾った方が安定感もあって良いですよ。

湿気を出す効果はありますので、特に乾燥する時期には置いておきたいですね。

そして、屋外に出すことがないのであれば、シーズンを問わずに育てることが出来ますね。

虫などの心配をしなくていいですし、お部屋のインテリアとしても幅広く活用できるでしょう。

網戸なしで間アドを開けた場合は、虫が付く可能性がありますよ。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑