株分けするには

時期を選ぼう

観葉植物は株分けをすることで増やせるタイプのものがあります。

それぞれの観葉植物に株分けに適した時期があるので、タイミングも大事ですよ。

寒さに強い観葉植物なら4月頃でも構いませんし、中間程度なら5月頃、暑さに強い観葉植物なら5月後半からという目安になります。

秋には根が定着していないと年越しが出来ないので、余裕を見て株分けをしましょう。

種から育てるより、安定しやすい方法なので、確実に増やしたい方にはオススメです。

ただし、根の扱い方が悪くダメージがあれば、土に定着しないという問題が出ますので、丁寧に作業してください。

室内では土も散らばって部屋が汚れますから、ベランダもしくは屋外で株分けをしたほうがいいですね。

充分な日光が当たる時期に株分けをしていると、定着と生育が順調になりますので、秋や冬になってからではいけませんね。

観葉植物も温度や日当たりで影響を受けやすいデリケートなものなのです。

方法としては

株分けの方法も観葉植物によって多少は方法が違いますので、個別に確認してからにしましょう。

一般的な方法をご紹介していきましょう。鉢から土ごと根を出します。小さな観葉植物なら、手で根本から割ることが出来ますので、ゆっくりと離すようにして根を二分割しましょう。

虫や汚れが気になる方は軍手を着けて作業してください。根が離れないときには剪定はさみを使用しても構いません。

ただし、根にダメージが残るような引きちぎり方は避けましょう。たくさん増やしたいと思っても、4つに分けるのが上限ですね。

新しい鉢に土と一緒に入れますが、その前に根をケアしましょう。古くなっているものや長い根は剪定してキレイにしたほうが定着も良くなります。

多少面倒だと思っても、この手間を省くと後が大変ですよ。

鉢に入れる時は、先に土を鉢の1/3程度まで入れます。そこに根を入れて周りに土を入れたら倒れないように固定してください。

その上にまた土を入れて、ほんの少しだけ押しておきましょう。初めは根の定着をさせるのに、しっかりと水やりをしてください。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑