金のなる木

金のなる木の育て方や注意点

金のなる木は比較的明るいところを好む観葉植物です。冬場でも0度以上の場所であれば問題ないと言う扱いやすさもありますね。

多少、光の弱いところでも直ぐにダメになるような弱さはありませんが、定期的に日光に当てることは忘れないようにしましょう。

感想を好むところもありますので、水やりをしすぎないようにしてください。土の表面が乾燥した時にだけ、お水をあげると言う感じで構いませんよ。小さな花をつけることもあって、非常に可愛らしい観葉植物です。

ミニ観葉植物として飾ることも出来ますので、スペースに左右されないで育てられます。

冬場に屋外に置くには適さない観葉植物なので、寒い時期には室内で育てるようにしましょう。

寒冷地で玄関など冷える場所に置くのは良くありませんね。サイズも豊富になっていますから、選びやすさでも便利なものだと思って構わないでしょう。

お部屋での効果

マイナスイオンが出るという特殊な効果はありません。湿度に関しては多少の調整も出来るでしょう。

昔から、金のなる木が小さいときに5円玉を通しておいたらお金が成っているように見えたとして名前の由来にされていますが、実際のところは違うようですね。

風水としても特別な意味があるものではありません。縁起を担ぐ方にはオススメの観葉植物なのでしょう。

ギフトとしても人気の高さがありますね。光沢と厚みのある葉は愛らしいので小さいタイプをデスクに置いていても、見た目に和む効果があります。育てる環境によっては、段々、葉が小さめになっていったりしますね。

光沢のある葉があると、放っておくとホコリが溜まってしまうので、軽く拭き取っているとキレイな状態で楽しめます。

せっかく金のなる木を持っていても、ホコリがたまって汚れてしまうと、あまり良い気分ではありませんので、この点だけ注意しながら大事にしていきましょう。

試しに小さいうちに5円玉を通してみると、ふと見た瞬間にオモシロイと思える状態にはなりますね。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑