根腐れした時には

見た目でわかる

観葉植物も水やりの方法を間違えると根腐れをしてしまいます。

慣れていない方は、どの程度の量をどのタイミングであげたらいいのかは分かりにくいですよね。

基本的には、土の表面が乾いてから観葉植物に合わせた水の量にします。また、夏と冬では観葉植物に必要な水の量は変わりますね。

根腐れが始まると葉に影響が出るタイプもありますので、これが根腐れのサインになります。

ほとんどは葉枯れを起こしますので、水が足りないのかなと勘違いしてしまいます。

葉が枯れて見えたら、一度、水やりを止めて様子を見たほうが良いでしょう。

1~2週間程度、水やりをしていないのなら、本当に乾燥していると思って構いません。

しかし、何日か前に水やりをしたのに変だなと思うなら、水の上げすぎですね。

土の表面が乾燥していても、中が湿っている事がありますので、土の中に1cm程度、指を入れてみて乾燥しているのかを確認してみるのも良いでしょう。

対処方法

あまりヒドイ根腐れの場合は、一度、土から出して根を乾燥させたり剪定する必要があります。

それだけのダメージを受けていると思って良いでしょう。ただし、その前に数日間水やりを止めて、自然に乾燥するのを待っても構いませんね。

直射日光が当たらないようにして、日当たりの良い場所に置いていると乾燥させやすいです。

冬は暖房の前に置く方もいると思いますが、乾燥しすぎて葉にダメージが出るので、自然な状態で乾燥させなくてはいけませんよ。

水はけの良い土を鉢に入れていても、受け皿に水が貯まると根は呼吸できなくなるので、根腐れの原因になります。

受け皿は乾燥している状態にしてください。土がいつまでも湿っているのは良くないので、土を鉢から出して乾燥させるのも効果的です。

観葉植物は原産地の環境に慣れていることが多いので、購入したときには確認して下さい。

乾燥している地域の観葉植物は、乾燥している環境を好むという傾向がわかってきますよ。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑