庭がなくても楽しめる

サイズが豊富

一口に観葉植物と言っても、その大きさは様々となっています。ミニ観葉植物から大きなサイズまで豊富に用意されていますね。

ご家庭によって住宅事情が異なっていますので、空いているスペースに合わせた観葉植物を育てることが出来ます。

好みに合わせ、小さな観葉植物を並べて置くことも出来ますし、ワンポイントで大きめの観葉植物を飾るなど、インテリアとしてレイアウトの調整が出来るのもスタイリッシュですね。

省スペースで部屋の中に緑を置けるのは、現代の住宅環境に最適だと思います。一軒家で庭を持てる方ばかりではありませんので、観葉植物を置くことで同じような環境に出来ますね。

転居の多い方でも引っ越し業者に依頼をして運ぶことが出来ますので、観葉植物とも長いお付き合いになりますよ。

観葉植物の鉢もオシャレなものがたくさんありますし、専用のアクセサリーを使用することで部屋を飾ることが出来るのもメリットですね。

光が少なくてもOK

観葉植物も生き物ですから基本的には日光が必要となります。ただし、中にはあまり日当たりが良くなくても育てられる観葉植物もありますので、特徴を確認しながら選べますよ。

お手洗いなどに置く場合もありますが、日光を必要とするタイプの観葉植物なら、1週間に数回というように別の場所において日差しを当ててあげるだけでも良いでしょう。

直射日光を当てない方が良いとされる観葉植物もあって、日当たりが良く開ければ観葉植物が育たないということではありませんね。

多肉科の観葉植物では、日陰に耐えられるようになっているものがありますので「耐陰性」と分類されているものなら問題ないでしょう。

その他には寒さに強かったり湿気に強いなど、特色豊かな種類がありますので、ご自宅の環境に合わせて選ぶようにするといいでしょう。

あまりケアをする時間がなければ、水やりを頻繁にしなくていい観葉植物もありますよ。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑