ポトス

ポトスの育て方や注意点

ポトスはあまり背が高くならない観葉植物なので育てやすさがありますね。

長年育てていくと蔦のように壁に這うこともあると言われますので、気になるようであれば選定したほうが良いでしょう。

半日陰でも問題のない観葉植物となっています。気温も5度程度までは何の栄養もないので管理しやすいですよ。

ポピュラーなタイプでもありますので利用している人は多いですね。増やすにも難しさを感じることはありません。

ただし葉の色がくすんだ感じになった時には日光に当てるなどのケアが必要ですね。

水やりは土の表面が乾燥したらするというスパンで良いですし、その際にはたっぷりとお水を上げた方が良いと言われています。

花が咲くタイプではないのですが、葉を1本切り取って一輪挿しに飾って置くと小さなスペースでも飾ることが出来ますよ。

基本的には熱帯の植物ですので、あまり寒い環境には長く置かない方が安心できますね。

お部屋での効果

ポトスはオフィスに飾ってもグリーンのパーティションとして利用できるタイプです。

かなり育った場合には、こういった利用が出来ますが、大きくなるほど根が固まりやすくなっていきます。

植え替えが必要なこともありますので、この作業は5~6月頃に済ませるようにした方が良いでしょう。

大きめの鉢に入れることでポトスも長持ちさせられますよ。直射日光に当てすぎると葉やけなどで葉が黄色く変色します。

出来ればカーテン越しに日光が当たるようにしていると葉やけはしませんね。

お部屋の中での効果としては、空気をキレイにして湿度調整も出来るようになります。

夏の暑い時期でもカーテンの内側においていると水蒸気が発散されて室温が上昇しすぎることを予防できるでしょう。

ただし、これは大きなサイズのものであればと言うことですので、一輪挿しにさしている程度では実感できないと思います。

選定や植え替えは難しくないので時期だけ選んで実践するようにしましょう。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑