フィカス・プミラ

フィカス・プミラの育て方や注意点

フィカス・プミラは、鉢を吊るして飾る観葉植物として良く見かけます。

床置きにしても構わないのですが、高い場所のほうがキレイかもしれませんね。

比較的日光を好みますので明るい場所のほうが適しているでしょう。室温は冬場でも0度以上あれば問題ありません。

湿気の多い空気中のほうが快適なところがありますので、あまりにも乾燥してしまうと葉ばパリパリになって枯れるというケースが多いですね。

霧吹きで水をかけてあげても、乾燥から守りやすいです。風通しが悪いと害虫がつきますので、定期的に換気をしていると室内でも管理しやすいでしょう。

屋外では壁を伝うほど伸びる力がありますので、こまめな剪定をするとボリューム感がコントロール出来ます。

根詰まりをする場合もあて、下の方の葉が枯れることもあるので、鉢の下から根が出るようなら選定しましょう。

観葉植物では鉢が小さくて根詰まりをすることが多いです。

お部屋での効果

インテリアとしては好まれますが、少し扱いが大変なところはあります。部屋の中での加湿効果は少しありますが、マイナスイオンは出ていないと思って良いでしょう。

夏は乾燥で葉が枯れやすいですし、夏の感覚で冬に水やりをしていると根腐れから枯れやすくなります。

調整しながら水やりをしないと、長く飾っておくことが難しくなります。基本的に冬は、根が水を吸いにくいものだと思って慣れてください。

根づまりしやすいのでぶら下げて飾るのでなければ、大きめの鉢に植えたほうが管理しやすく長持ちします。

ベランダでも育てられますが、-1度以下になってしまうと凍りますので、寒いときには屋内で育てたほうが安心ですよ。

直射日光に当てると葉焼けもあって、見た目が悪くなることがあります。半日陰に置いていて、時々、明るい場所に置き換えてあげるだけで充分でしょう。

吊り鉢にしたい時は土を変えると軽量に出来るので工夫しておけば安心できます。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑