サボテン

サボテンの育て方や注意点

サボテンは、とにかく手間のかからない観葉植物として男性にも人気があります。

比較的明るいところを好みますが、温度は冬場でも0度以上あればいいと言う丈夫な一面を持っていますので、育てやすさを感じますね。

また水やりも頻度が低く、土が乾燥してから少しお水を上げるだけで良いでしょう。

水をあげすぎるのは逆に良くありませんので、少し乾燥している程度にしておいた方がサボテンには快適な環境ですよ。

サボテンは肥料をあげると健康になるのではなく、土の栄養分が十分なら良いので、土に注意をしていれば問題はないでしょう。

2~3年おきに土を変えた方が栄養分が損なわれずサボテンにも良い影響が出ます。

寿命が長い観葉植物なので、10年以上飾って置くことが出来ます。栽培して育てるものではなく、購入してくるタイプですね。

ガーデニングに詳しくない人が栽培できる観葉植物ではないと思って構いませんよ。

お部屋での効果

サボテンは広い面積の葉があるわけではなく室内の湿度へ影響を及ぼすことは少ないでしょう。

マイナスイオンの発生もしていませんね。とげが危険だとして小さいお子さんのいらっしゃるご家庭には向かないのですが、大人が扱いを間違えることは少ないですね。

このとげがサボテンの美しさでもあります。花が咲くこともあり、楽しみにもなりますよ。

ただ植え替えや根の手入れをするときには、厚手のゴム手袋などを利用して剪定しなくては、大人でも、うっかり怪我をすることになります。

普通は購入してきたサボテンに選定を加えたりすることはなく、買ってきたまま飾って育てるケースが多いので、この点もあまり心配しなくていいでしょう。

外出時間が長かったり、ご自宅を不在にすることが多い方ですと、あまり水やりを気にしなくていい便利な観葉植物なのではないでしょうか。

気温の面での心配もすくないのでインテリアに最適なのがサボテンだと言えます。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑