サンセベリア

サンセベリアの育て方や注意点

サンセベリアと言っても、派生した種類がかなりありますね。基本的には明るい場所に適している観葉植物です。

日差しの当たらないところでもダメージは受けにくいですが、定期的に日光に当てるようにした方がコンディションは維持できますよ。

温度も出来れば10度以上のところにおいてあげてください。あまり寒さには強くありませんので、冬には注意をしたほうが良いでしょう。

あまり大量の水を必要としませんので水やりの頻度は高くないのが育てやすいところですね。乾燥した環境のほうが良いとも言われます。

毎日、水やりをすると根腐れをする可能性も出てきてしまいます。新しい芽がどんどん出てきますので、あっという間に大きくなった感じがすると思います。

ある程度は選定する必要がありますが、株分けとして鉢を変えると根が付きやすいと言う面もありますね。種類によっては花をつけることがありますので、楽しみの多い観葉植物でしょう。

お部屋での効果

サンセベリアはマイナスイオンを放出するということで、一気に人気が高くなりました。

ただ、個人的に計測できるわけではありませんので、気分的に効果が実感できる程度だと思っていて構わないですね。もちろん植物ですので、湿度調整には役立つでしょう。

サンセベリアの種類によって放出されるマイナスイオンの量は違っているようですので、購入するときにはフラワーショップの方に相談したほうが良いかもしれませんね。

縦に伸びることと新芽が出やすいことから、ボリューム感のある観葉植物を好む方には最適です。

マイナスイオンの面では、電気代がかかることもなく湿度も調整できますので、加湿器よりエコだと判断する人もいますよ。

お手洗いに飾るときは一輪挿しに葉を1本入れておいても、素敵なインテリアとして利用できます。生命力は比較的強いので、増えるのではと心配でしょうが、一輪挿しではそれほど多くならないものです。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑