ストレチア・レギネ

ストレチア・レギネの育て方や注意点

ストレチア・レギネはストレチアの一種で、見た目はオーガスタとも非常に似ていますね。

ゴクラクチョウカともいわれオレンジのきれいな花が咲きますよ。南アフリカが原産なので、日の当たる明るい場所を好みます。

春から夏にかけては、充分な日光に当ててあげましょう。冬場でもガラス越しに直射日光があたっても問題無いですね。

日光が多めに当たると花を咲かせやすくなります。室温の管理は冬でも5度以下にならなければ良いですね。

水やりも春から夏は花を咲かせるにも多めにあげて構いませんが、冬は少し乾燥気味にしたほうが良い状態を保てます。

意外と乾燥には強いので、水やりをし過ぎると根腐れのおそれが出ます。根も丈夫なため余分な水分のお陰で育ちすぎてしまいますよ。

屋外に置くことがあると虫がつきやすくなります。葉と葉の間に隠れているので、室内に取り込むときにはよくチェックしてからにしましょう。

お部屋での効果

多少、葉から水蒸気が出ますがマイナスイオン効果はありません。ただ、インテリアとしては効果がありますので人気はありますよ。

アジアンチックな雰囲気になりますし、リゾート感覚で飾ることが出来ます。存在感があるので、少し広めのスペースに置いたほうが雰囲気を良くしてくれますね。

オシャレな鉢に植え替えると、一層ステキな印象になります。大きく育ちやすいので、狭いスペースでは圧迫感を感じることもあるでしょう。

5月から9月ころは花も咲きますので切り花でストレチアを買うより長く楽しめると思って良いでしょう。

株分けをして増やすことも出来ますし、花が咲き終わると種が取れるので、種を植えて育てるのもガーデニングの楽しみになります。

単に観葉植物として楽しむのなら、水やりと日光の調整だけをしておけばいいので、扱いやすいタイプだと思って良いでしょう半日陰で育たなくなることはありませんが、花を見たいのなら日光の当たる場所がオススメです。

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑