見るにも食べるにも

観賞用として

観葉植物という名前の通り本来の用途は観賞用ですね。部屋の中に緑があることで、心理的に良い効果がありますし、環境を整えるのにも便利に使って行けます。

様々な種類がありますので、見た目に楽しいということもあるでしょう。屋外で育てる花のように虫が付くことも比較的少ないので、手間がかからず不快な思いもありません。

以前、利用されることが多かった造花としての観葉植物にも観賞用としては一定の効果がありました。

しかし、せっかく置くのなら空気を正常化したり湿度調整まで出来る観葉植物の恩恵を受けたほうが良いと判断する人が増えているのです。

場所を取ることに変わりはありませんので、観賞用としての意味合いだけを求める人は少なくなりました。

日当たりの悪いところでも育てることの出来る観葉植物は増えていますが、中にはトイレなどには造花を置いて、日当たりのあるところに生きている観葉植物を置くという方もいます。ただし風水的にはあまり良い意味ではないそうです。

食用として~

観葉植物として利用できるものにはハーブのように食用としても利用できるものがあります。

ご家庭で簡単に育てられて、しばらくの間、料理に使用できるものが収穫できますので、経済的と考える人も増えてきましたね。

パセリやオレガノといったハーブは、購入するほどでもないがあると便利ということがあります。新鮮な香りが楽しめるという理由の方もいますね。

小さなプランターがあればいいという条件が好まれるところかもしれません。あまり手間をかけなくても収穫できますし、ベランダや庭がなくても構わないという気軽さもあるでしょう。

女性に人気の高いハーブティーに使えるものもありますので、ご家庭で手軽に利用できる良い方法でもあります。

ハーブを寄せ植えにすると防虫効果もあると言われますので、観葉植物と合わせて育てている方もいますよ。

部屋にも良い香りがしますので防臭としても良い効果を発揮するのではないでしょうか?

オシャレな観葉植物を買うならブルーミングスケープ がおすすめ!

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑